SUB

  1. トップ
  2. 採用情報

採用情報RECRUIT

会社の財産は、あくまで「人」。会社は「Family」と考えています。
様々なプロジェクトを通じて上司と部下が深くふれあい、磨きあうことで個々の成長とともに、
会社もクライアントも成長していきます。 クライアントの成長とともに自分自身が成長していく
ことを「喜び」と感じられる方(感じたい方)からのご応募をお待ちしております。

代表者メッセージMESSAGE FROM CEO

ダイレクトマーケティングで真の事業戦略パートナーに
自らチャレンジできる人と大きな夢を描きたい。

株式会社インターコネクト 代表取締役CEO 佐 藤 嘉 生

業界大変革を迎えた時代だからこそ必要なこと

当社は2016年に創業20周年を迎えました。
この20年間で広告マーケティング業界は大きな変革を遂げてきたのは少なからず皆さんも気付いているはずです。世の中は、個人や企業がマスメディアを経由せず各々の情報を全世界へ好きな時に好きなだけ発信でき、かつその情報に誰でもアクセスできる時代になりました。これはデジタル化が起こしたパラダイムシフトといえるのかもしれません。これによって広告マーケティング業界の収益モデルですら大きく変わりました。そんな時代の中、我々のような会社に求められることもより幅広い領域になってきたことで、より多くの知識を身につけていくことが必要になってきました。

代表取締役CEO 佐藤嘉生

すべての業界に通ずるダイレクトマーケティング戦略思考

私たちは、創業以来ダイレクトマーケティングに強みを持つ会社として様々なお客様にサービスを提供してまいりましたが、それこそ十数年前まではダイレクトマーケティングを必要とする業態と必要としない業態が存在していました。しかしデジタル化が当たり前になった今、あらゆる業種業態においてダイレクトマーケティングが取り入れられるようになりました。つまり広告マーケティング業界で生き残っていくためには、ダイレクトマーケティングの思考回路を持つことが必要不可欠であると言っても過言ではないわけです。
皆さんの中には、広告マーケティング業界に華やかなイメージを持たれる方もいるのではないでしょうか?
残念ながら実際は違います。世の中がデジタルにシフトしていくからこそ、私たちのような会社には、より論理的で緻密な提案と実務が求められているのです。とはいえ全てがデジタルの中で完結するわけではありません。どんなにデジタル化が進んでも、TVCM、新聞広告、ダイレクトメール、折込チラシ、屋外広告等はこれからもあり続けるでしょう。
それらを効果的かつ効率的に組み合わせ、お客様のマーケティングゴールを共有することこそが、私たちの存在意義であり、その想いが当社のミッションである「真の事業戦略パートナーになる」につながっているわけです。

代表取締役CEO 佐藤嘉生

自らが前のめりになってチャレンジする

一つの会社にいながら様々な業種のコミュニケーション施策に携わる...これこそが広告マーケティング業界で働くことの魅力の一つではないでしょうか。その日の午前中に保険会社のクライアントと打合せをした後に、午後からは自動車メーカーのクライアントとの打合せをし、プロダクションと新聞広告制作の打合せをした後に、マーケティングオートメーション運用の打合せをするなんてことは日常茶飯事です。これらに対応していくためには、常日頃からあらゆることにアンテナを張り巡らしておく必要があります。そしてその知識と経験と実績の中からクライアントにとってベストなコミュニケーション施策とアウトプットを提供していくことが私たちの使命なのです。
そのためには受け身の姿勢ではなく、自らが前のめりになって貪欲に知識や情報を獲得していかねばなりません。

代表取締役CEO 佐藤嘉生

当社の社風 – インターコネクトイズムCORPORATE CULTURE

  • あくまで人間力重視!
    会社の財産はあくまで「人」。会社は「Family」と考えます。様々なプロジェクトを通じて上司や部下と深くふれあい、磨きあうことで個々の成長とともに、会社も成長します。
  • 「教える」ということはあっても、
    「教えてあげる」ということはしません!
    自ら進んで貪欲に知識を得ようとしなければ、まわりの諸先輩方が手取り足取りで教えてくれることはありません。常に自分自身が疑問を持って、分からないことは率先して聞いてください。
  • 自分の仕事だけに取り組んでいる人間は、
    評価されません!
    「自分がどう動くことによって、会社がよくなっていくのか?会社に貢献できるのか?」という考えを常に持つことが、どのレベルの人間にも必要だと考えています。
    目の前にある自分の業務に取り組んでいるだけでは、いつまでたっても評価されません。
  • 日ごろから自分を磨きなさい!
    当社のビジネスコンセプトは「We always provide ourSENSE」です。お客様は、あらゆる意味で我々のセンスに期待をしています。お客様が、センスのない人間に自分のプロダクト(サービス)を任せようと思うでしょうか?
    一流のダイレクトマーケターになるためには、仕事だけでなく、豊富な話題と知識を常に提供出来なければならないと考えています。そのためには、いつもアンテナを張り巡らし、あらゆることを吸収していくことが我々に必要なのです。

シゴトを知るWORKS

様々な専門性を持ったダイレクトマーケティングのプロフェッショナルが集まり、
お客様のダイレクトマーケティング活動における課題解決のために活動しています。

そんなプロジェクトフローの一例を紹介します。

  1. 1st phase 課題発見

    お客様のダイレクトマーケティング活動における課題を発見します。

    アカウントエグゼクティブ(AE)と呼ばれる法人営業スタッフが、日頃のお客様とのコミュニケーションの中からお客様のマーケティング課題を発見し、状況をヒアリングします。そのためAEはマーケティング・広告に関する知識だけではなく、常にお客様のビジネスを深く理解し、それをとりまく市場環境にアンテナを張っておく姿勢が求められます。また、ご紹介などで、新しいお客様からご相談をいただく場面も、まずはAEが訪問し、ヒアリングを行います。

    1st phase 課題発見
  2. 2nd phase 企画・提案

    課題と現状を持ち帰り、その課題を解決するための方法論を検討します。

    AEからオリエンテーションを受け、マーケターやクリエイティブディレクターなどでプロジェクトチームを編成し、それぞれの担当領域に応じて課題を解決する方法についての議論がはじまります。
    実践や研修を通してダイレクトマーケティングに精通しているメンバーが集まるので、迅速かつ的確に解決策を導き出せることがインターコネクトの強みのひとつです。議論を重ね、導き出された解決策を提案書にまとめ、お客様に提案します。この工程では、アイデアや費用の見積もりだけではなく、分かりやすくイメージを伝えるためにデザイナーやコピーライターがクリエイティブを制作することもあります。提案の場面では、AEが進行役を務めながら、プロジェクトメンバーがそれぞれのパートについてプレゼンテーションを行います。

    2nd phase 企画・提案
  3. 3rd phase プロジェクト始動

    提案内容をもとにお客様と調整を行い実行プランが確定したら、
    いよいよプロジェクトの始動です。

    お客様の課題に応じてプロジェクトの内容は様々。プロジェクトメンバーも準備期間も実施期間も異なります。プロジェクトの規模・内容に応じて、必要なメンバーをアサインするのもAEの役割のひとつ。AEが立てる綿密なスケジュールにそって、クリエイティブ開発やwebシステムの構築、広告設定などの準備活動を経て、施策がスタート。運用が始まります。

    3rd phase プロジェクト始動
  4. 4th phase プロジェクトの運用・PDCA

    施策の効果を確認しながら、改善のためのPDCAを回し続けます。

    インターコネクトが手掛けるプロジェクトの多くは、単発で終了するものではなく長く継続します。日々の成果(レスポンス)を計測しながら、さまざまなデータに基づいたPDCAを回し続けることで効果の最大化を図っていきます。効果測定とアナリティクス。改善計画。改善ポイントの発見。そしてアクション。このPDCAを繰り返しながらプロジェクトは続いていきます。

    4th phase プロジェクトの運用・PDCA

オフィス環境OUR OFFICE

ENTRANCE
木目を基調としたエントランスデザインは、
当社のプロフェッショナリズムとクオリティ
の高さを表現しています。

教育・研修制度TRAINING SYSTEM

ICC(InterConnect Communication College)

ICCは、ダイレクトマーケティングとブランディングの理論と応用を教育し、一流の広告マン・マーケティングマンを育成すると共に、そのような社員の職務を通してクライアントのビジネスの拡大に貢献するために設立されました。

教育方針

  1. 例えばアカウントエグゼクティブ(以下AE)の能力は、AEが知らねばならない知識を学び、AEができなければならないスキルを身につけ、AEとしての色々な職務経験を積んで、はじめて一流のAEに相応しい能力が身につく…と考えます。従って、ICCは、知識を広げるための「講座」とスキルを向上させるための「教科」から構成されています。
  2. 日進月歩を続けているダイレクトマーケティングの世界の先導者として、常に新しいテクニックを研究し、応用を試みています。
  3. あらゆる種類のビジネスの原点はコミュニケーションであると考えています。従って、コミュニケーションの原理・原則を考察します。
  4. ダイレクトマーケティングとブランディングの融合を研究し、応用を試みています。

研修制度

Start Up Program 対象:新入社員(新卒入社)
社会人の基本及び社内ルール、インターコネクトの業務内容、インターコネクトイズムを学ぶことを目的とし、約二ヵ月間行われる研修プログラムです。研修内容は、ビジネスマナー研修・インターコネクト業務システム研修・インターコネクト情報管理システム研修・インターコネクトDNA研修・ロジカルシンキング研修・マーケティング研修・広告業界研修・Webマーケティング研修・クリエイティブ研修・ワークショップ等です。
Stratified Program 対象:全社員
全社員を対象に、それぞれのクラス(階層)で、評価システムと連動し、習得すべきスキルに基づいた研修プログラムです。研修内容は、マーケティング研修・クリエイティブ研修・ビジネススキル研修等です。
Management Program 対象:マネージャー
マネージャーを対象に、マネジメントを行う組織(部・本部等)に応じて、習得すべきスキルに基づいた研修プログラムです。研修内容は、マネジメント研修、リーダーシップ研修、部下育成研修、組織マネジメント研修、戦略立案研修、コーチング研修等です。

社内イベント&アクティビティEVENT & ACTIVITIES

社内イベントだって仕事と同じ!徹底的にこだわりを持ってやるべし。

  • 社員会(IC会)
    「全社員が参加できる会」をコンセプトに、部門内はもちろんのこと、ベテランと新人スタッフ間、そして全社員間のコミュニケーションと情報交換をよりスムーズにしていくために『IC会』という社員会が組織されています。毎年立候補制で社員の中から幹事が選出され、様々な社内イベントが年間を通して行われています。社員会と言っても妥協は許されません。
    どんな企画で皆が喜ぶか・楽しめるか…を幹事は真剣に考えなければなりません。
    「遊びにさえ真剣に取り組めない人間は、仕事にも真剣に取り組めない」。これが当社の社風です。
    社員会(IC会)
  • 野球チーム「IC BLUESOX」

    目先の目標は「勝率5割!」

    野球好き・運動好きのスタッフを中心に結成された「IC BLUESOX」。
    創部10年を誇り、区や健保組合の大会に、積極的に参加していますが、戦績は...
    それでもすべてのことに真剣に取り組む社風はここでも生かされており、一球入魂!で全員真剣にプレーしています。社会人大会や健保組合の大会に積極的にエントリーするだけでなく、練習にも真剣に取り組んでいます。ちなみに監督は、佐藤社長です。練習後も試合後も、勝っても負けても、取りあえずは「お疲れさん会」を開いています。
    野球チーム「IC BLUESOX」
  • フットサル同好会

    発足したばかり!若手中心の交流の場

    お取引先様から誘われたのをキッカケに、サッカー好きなスタッフが集まり活動開始しました。
    まだユニフォームもなく、公式戦の参加経験もありませんが、気分は常に「CR」「LM」状態!(笑)
    「この一蹴は唯一無二の一蹴なり!」を合言葉に、プレー後のビールを美味しく飲むことを目的に、いつか来る公式戦優勝を夢見ながら、日々練習に励んでいます。
    フットサル同好会
  • ゴルフ愛好会
    「全社員が参加できる会」をコンセプトに、部門内はもちろんのこと、ベテランと新人スタッフ間、そして全社員間のコミュニケーションと情報交換をよりスムーズにしていくために『IC会』という社員会が組織されています。毎年立候補制で社員の中から幹事が選出され、様々な社内イベントが年間を通して行われています。社員会と言っても妥協は許されません。
    どんな企画で皆が喜ぶか・楽しめるか…を幹事は真剣に考えなければなりません。
    「遊びにさえ真剣に取り組めない人間は、仕事にも真剣に取り組めない」。これが当社の社風です。
    ゴルフ愛好会
  • 年末の大忘年会

    東京・大阪・福岡から
    インターコネクトで働く全員が一堂に会する年に一度の大イベント

    1年の終わりに行われるのが、若手・新入社員が中心となって企画する「インターコネクト大忘年会」。会社イベントと言いながらも、そこはイベント業務も手掛ける当社ですからクオリティのハードルは高く、前年の盛り上がりを超えることが暗黙のミッションで、半年前から準備がはじまることも(笑)全社員が楽しみにしている恒例イベントです。
    年末の大忘年会
  • 周年イベント

    これからの20年も、皆さまとともに。

    1996年にスタートした株式会社インターコネクトはおかげさまで2016年に20周年を迎えることができました。
    20年間に渡り、多大なご支援をいただいた協力会社の方々をお招きして、これまでの活動とこれからの方針をご報告するパーティーイベントを開催しました。
    周年イベント

ご質問・ご相談はお気軽に
お問い合わせください

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    03-6435-1100

    受付時間:平日10:00 ~ 18:00

  • メールでのお問い合わせはこちら

    お問い合わせ
  1. トップ
  2. 採用情報