1. トップ
  2. 事例
  3. 最適なクリエイティブの発見を目的とした定量、定性調査

事 例CASE STUDY

CLIENT:ウィッグメーカー

最適なクリエイティブの
発見を目的とした定量、定性調査

医療用ウィッグのリード獲得向上を目的とした、がん罹患経験者対象の調査実施およびカタログクリエイティブ企画・開発

CLIENT:ウィッグメーカー

がん治療による脱毛時に着用する医療用ウィッグ。購入検討の起点は主に病院内や医師から渡されるカタログです。そのカタログ制作において、ターゲットがどのような心境でカタログを手にとりブランド選定をおこなうかを把握する必要がありました。そこでがん罹患経験のある方を対象とした定量調査・定性調査・クリエイティブ調査を実施し、がん罹患告知からウィッグ購入、完治に至るまでの各心理変容を把握しカタログの戦略方向性・コンセプト設計を行いました。

クライアントの課題・背景について

がん治療などに伴う脱毛時に装着する医療用ウィッグの最初のコンタクトポイントは、主に医師から渡されたり病院内に設置している「医療用ウィッグカタログ」です。がん罹患者へ同時に渡される競合他社を含む複数社のウィッグカタログの中で、いかにターゲットに興味喚起を促し、リードを獲得できるかをカタログのクリエイティブに求められていました。

市場環境分析、カタログの戦略方向性・クリエイティブ・コンセプト検討をおこなったうえで、ターゲットとなるがん罹患 者、あるいはがん罹患経験のある方(30~70代女性)に対して下記の調査を行い、カタログの構成、デザイン、コピーライティングに反映させました。

  • 定量調査:狙うべきターゲット像の把握。
    • ・ヘアスタイル(ウィッグ含む)についての意識・実態を定量的に検証。
    • ・「一般顧客層」「癌罹患層」の相違を把握。
    • ・各層の中の年代の相違も把握しターゲット像を浮き彫りにしていく。
  • 定性調査:ターゲットに刺さるベネフィット(訴求ポイント)を抽出。
    • ・ウィッグの認知から購入に至るまでのカスタマージャーニーを定性的に把握。
    • ・その中で、どんなベネフィトががターゲットに刺さるのか、訴求ポイントを検証。
    • ・癌に罹患された方のウィッグに関する意識・実態を「個のストーリー」として演出できる要素を把握。
  • クリエイティブ調査:来店までのカスタマージャーニーを想定したストーリー作り。
    • ・テスト用のクリエイティブ案(キャッチコピー・ビジュアル)を複数呈示してABテストを実施。
    • ・リーフレット全体としての「手に取りやすさ」「興味喚起」「来店意向」だけでなく、リーフレット内の各要素別の評価も取得し、クリエイティブをブラッシュアップするためのヒントを得る。

ターゲットに「手に取ってもらい」、「興味喚起」を促し、「来店意向を高める」カタログを下記フローに則り、制作します。

画像タップで拡大

調査の流れ

調査は下記 3ステップで推進しました。

調査の流れ

画像タップで拡大

成 果

多角的視点からの調査を重ねたことで、「戦略」「コンセプト」「表現」の精度をブラッシュアップすることができ、期待した成果を得ることができました。

事 例 一 覧

事 例

ご質問・ご相談はお気軽に
お問い合わせください

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    03-6435-1100

    受付時間:平日10:00 ~ 18:00

  • メールでのお問い合わせはこちら

    お問い合わせ
  1. トップ
  2. 事例
  3. 最適なクリエイティブの発見を目的とした定量、定性調査