HOME事例・成果 / 既存顧客データベースを活用したコミュニケーション戦略

事例・成果 Case & Achievement

既存顧客データベースを活用したコミュニケーション戦略Case & Achievement

  • CLIENT : 外資系ラグジュアリーブランド
    国内でも全国規模で展開している外資系ラグジュアリーブランド。主に既存の顧客に向けた購入頻度向上を目的としたダイレクトコミュニケーション。

目的は顧客の維持と生涯価値(LTV)の最大化。

クライアントは、バッグ、ジュエリーなどの装飾品を中心に展開するラグジュアリーブランド。日本国内においても、路面店、インショップ含め全国規模で出店しています。
店舗やEコマースで集められた顧客情報を分析しながら、顧客のニーズを引き出し、購入頻度や客単価を引き上げるコミュニケーションを実現することが当社に課せられた役割でした。

ページの先頭へ戻る

ブランド・エクイティを損なうことのないコミュニケーション戦略。

クライアントにはすでに明確なブランド・アイデンティティが存在します。その顧客とのコミュニケーションには、緻密な戦略構築が必要です。
当社がコミュニケーションをプランニングし、それに沿ってクライアント側のクリエイティブチームがデリケートで多様なクリエイティブを開発するという体制でプロジェクトは進みました。

ページの先頭へ戻る

綿密な運営管理体制を整備。

顧客の属性と買い上げ商品履歴にもとづいたコミュニケーションを、ダイレクトメール、同梱リーフレットなどのチャネルを通じて発信。
毎回のコミュニケーション施策の投下にあたっては、全国に展開している店舗との情報共有が重要となるため、当社では専任のプロジェクトチームを整備し、店舗との連絡窓口としての機能も担当。繁忙期には人員を増員するなど、フレキシブルな対応で円滑に施策を運営しながら、ゴールである顧客の購入頻度・客単価の向上に大きく貢献しました。

綿密な運営管理体制を整備

ページの先頭へ戻る

アイコンこのプロジェクトで活用したサービス

ページの先頭へ戻る

アイコンこのプロジェクトで解決できた課題

ページの先頭へ戻る

ご質問・ご相談はこちらまでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL:03-6435-1100受付時間 : 平日10:00~18:00

メールでのお問い合わせはこちら